PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

角膜裂傷

10091601.jpg

夏の間は暑すぎて体力的におでかけは無理だったももちん。涼しくなってきてこれからって思っていたら、、、、、、、、、、、、、


左目メがまたまた病気に!!

自分用の覚え書きです。興味のある方だけ。







9月6日 月曜日、、、、、

数日前 3日4日前から目ヤニが出るようになって忙しさにカマけていつもの点眼(ヒアレイン)だけしていたら突然膜が張ったように白く濁って 日曜にはまん中がくぼんでしまいました。

びっくりしてお医者へ跳んでいきました。


今回は〝角膜裂傷〟まで進んでしまったらしく そんなことは絶対言わない先生が「ちょっと酷いね。。。。」と。
ももの場合角膜に深い穴があいてしまっているらしいのです。
「この病気の一番酷い状態の少し前まで進んでる。」と言われてしまいました。そうなると眼球を摘出しないといけない!と聞いて急に怖くなりました。

手術が一番早く治るらしいのですが どぉしても踏み切れません。縫合して治す方法にしました。
上瞼と下瞼と第三眼瞼をそれぞれ縫い合わせて眼帯の代わりに。そして点眼と内服薬で治療していきます。

ももちん 点眼の局所麻酔だけなのに縫合がんばりましたょv^^
先生からも看護士さんからも「こんなにおりこうにしてるワンちゃんはいないよ。」と褒めて頂きましたv


とっても痛そうに眩しそうにしていたのに縫合したとたん少し楽になったようにみえました。
見えないと思っていたけど眩しくて見え難かっただけみたいで上手に歩けるようになりましたv


この病気の原因のほとんどが犬同士のケンカや交通事故などだそうですがももちんは角膜炎が酷くなって痛くて擦ったのが原因みたいです。


擦ったりかいたりしないようももちんエリザベスカラーをはじめて装着です。
目薬4種類と抗生剤を頂きました。目薬の中にはももの血の結晶からつくられた目薬が含まれていました。

キョネンの今頃も同じようなお目メの病気になって治るのに長いことかかったのに今年もまた(>_<、)反省とかベンキョゥとかしないのか?ぁたし(* _ω_)...


10091602.jpg

9月9日 木曜日、、、、、

再診のためお医者へ。
縫合した間から光をあてて診察。
このままの治療で様子をみることになりました。



10091603.jpg

9月13日 月曜日、、、、、

再診。
この日の診察は縫合した糸をとって6日にも検査をした 蛍光黄緑色の色素を染み込ませた試験紙で角膜に色素を垂らす検査をしました。
まだ傷は深いようですが少しだけど回復の兆しがでてて「6日のときより少し盛り上がってよくなってるよ。」と説明がありました。

右目も心配なので検査したら炎症はあるけど傷はないと。。。。
今までどおりヒアレインを点眼で治りそうですv


もものことがあって角膜ジストロフィーと言われたことのあるここが心配になり一緒にいって診察して頂きました。
ここも同じ方法で検査です。
ここは悪くなっていないそうで点眼しなくても大丈夫だそうですが念のため今のようにときどき点眼した方がよいとのことでした。
ここの角膜ジストロフィーは定型的なタイプではなくて完治するタイプだったのですが再発の予防を兼て。


ももの血の結晶からつくられた目薬(期限が1週間なので前回のは期限が過ぎたのと使い切ったのもあって)とヒアレインを頂いて帰ってきました。

帰り いろいろ諸事情でお散歩にも連れて行ってあげれていないので動物病院の近所を少しお散歩しました♪



ももちん 次回は2週間後です。




| けんこう | 23:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://lualuah.blog11.fc2.com/tb.php/999-cb521ef5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT