PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショック状態

09091501.jpg

タイトルで驚かせてしまってすみません。現在ここは元気にしています。
きょぅここに起きたことがゎたしたちにとってあまりにもショッキングなことだったので記しておこうと思います。

長文になります。


きょぅはあちゃんがおやすみで 朝イチでお買い物へいってその後はゴロゴロ過ごしていました。

ももはソファーでネンネ・・・ ななはあちゃんに引っ付いて・・・ はるここはピコピコ音のするおもちゃのぬいぐるみを取ったり 取られたり 取り返したり・・・


ぼぉーとしていると それは起こりました。


ドン。

ゎたしのすぐ側で鈍い音がしてここが転んでいました。はるここからおもちゃを奪って逃げていきます。

以前は転んだり滑ったりすることのなかったここですが ここ数日目立っていました。
滑ったのかな。はるとおもちゃを取り合って倒れたのかな。

すぐに違うとわかりました。それだけじゃない。様子がへん。
抱き上げると目が開いたままです。動きません。意識がありません。ちょっと覗いた舌が青白いのに気がつきました。

あちゃんが飛んできてカラダを擦りましたが意識は戻りません。
たまたま居た長女が口を開けて気道を確保しようとしましたが すぐに口を閉じてしまいます。長女はこじ開けて指を入れたまま気道を確保してくれました。舌はさっきより青白くなっています。
ゎたしは「舌が、舌が、色がへん。青くなってる。」というだけでなにもできませんでした。
あちゃんが「ここは舌が長いからひっぱっちゃって。」と長女に伝えてくれてミーが指で喉の奥から舌を摩るようにしてひっぱってくれました。なん度もなん度も。

すると目が動き始めてカラダが温かくなっていくのがわかりました。ペロペロ舌も動き始めたので意識が戻ったと思いました。

ここまで1分もなかったと思います。4、50秒なかったかもです。

ずっと赤ちゃん抱っこをしていたここが下りたがったので床に下ろしてみました。
足に力が入りません。おぼつかない足どりです。後ろ足がへんです。
あちゃんが抱き上げて撫でながら怪我などを確認してくれました。怪我はしていないようでした。たくさん撫でてくれました。
ミーもお顔を撫でたり たくさん声をかけたり 一緒に撫でてくれました。

だんだんしっかりしてきたようで歩きたがったので下ろしてみました。
さっきよりはしっかりしてきたけどまだへんです。

ミーが「センセに電話!」といってくれたので すぐ電話して症状や状況を伝えました。
「すぐに連れてきてください。」といわれました。
電話を切るころにはほとんど元に戻っていました。けど家族ならわかる『へん』がありました。


お医者着くと 受付もしないで電話のときと同じ説明をセンセに繰り返しました。
                 
センセは心拍や目や口の中 舌 お腹・・・一通り診察して
「原因はわからないけどショック状態だったんだと思います。」といいました。
カラダのあちこちを触ったり みたりして
「怪我はありませんね。心拍も安定してきているのでもう大丈夫ですよ。」「ここちゃん 歩いてみる?」といってここを床に下ろしました。普通に歩いています。
「歩行も大丈夫ですね。もう安心ですよ。」といいました。

やっと安心した ゎたしがいました。


今回のここのショック状態は 結局なぜ起きたのかわかりません。
特別ショックを受けるようなことはありませんでした。 
ドンという鈍い音ははるとおもちゃを引っ張り合って転んだときの音だと思います。そのとき頭を打って脳震盪を起こしたのか?はるとおもちゃを取り合いしているとき 偶然舌が喉の奥ではりついたような状態になって呼吸困難になったのか?考えられることはそのくらいで・・・。

おもちゃが大好きな子からおもちゃを取り上げることはできません。きっと側に居てもみていても同じようなことは起こると思います。これからは興奮する前に 本気になる前におもちゃは取り上げようと思います。


長女はホームヘルパーの資格を持っていて介護施設で働いていました。そしてどこか冷静な性格。その経験と性格に今回も助けてもらいました
mameだけだったら・・・なにもできなかったと思います。


ここはいつもどおり寝息を立てています。
mameが布団に入ると ぉトイレを済ませるために少しだけ遅れてついてくると思います。そして横に丸くなって寝ると思います。
いつもの風景です。

この小さなしあわせがこれからもつづくように きょぅのことは決してわすれてはいけないことです。
もも はる ここ ななにしっかりした対応ができるようになりたいと思います。


ぐだぐだと支離滅裂になってしまいました。すみません。



                                           *мαмё*

   

| 覚え書き | 23:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://lualuah.blog11.fc2.com/tb.php/816-f5710a5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT